愛しのセンターほくろさん

「センターほくろさん」とは⏩岡本圭人の胸部中心に存在するホクロのことである。ご挨拶できることは稀。レアキャラなのだ。

座右の銘


座右の銘とは。

常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。

もともと、古人が席の右側に置いて自らの言行を戒める言葉であったが、後に人々はそれを傍らに置いて自らを激励したり、戒めたりする格言となったとされている。

「座右」とは、皇帝が自分の右手側の席に、信頼できる補佐役を座らせた重要な席を指す。「銘」とは、古人が鐘や器などの器物に刻む文体の一種であり、自分自身の戒めや他人を賞賛する目的で刻んだものである。



正直、座右の銘ってあるとかっこいいよね!
私は10代のときは「人生てきとう(そのときどきに合わせてへらへらしながらうまく生きようと思ってた)」20代からは「ブスの下剋上(ブスでも幸せになれる、そうやって生きて馬鹿にしてきたやつらを見返したかった)」を掲げて生きてきたけれど、今日、出会ってしまいました。

パソコンで調べものをしていたとき、今話題のベッキーが休業をするってネットニュースを見かけて。あー休業するのかーなんて記事を読んだら、ベッキーのラジオの内容が抜粋されていてですね。名言紹介コーナーみたいのがあったみたいでですね。読んだ瞬間、これだーーー!!!って。


泣きたいときはひとりで泣いて、自分の傷は自分でなおす

倍賞美津子さんの言葉。らしい。


ベッキーは、私にはできない。って言ってたみたい。かっこいい、とも書いてあった。そもそも倍賞美津子だれ?倍賞千恵子の姉?ってかんじだったけど(妹だった)、私のなりたい女・生きたい人生ってかんじで、とにかく即調べた!

泣きたいときはひとりで泣いて、ひとりで解決して、自分の傷は自分でなめて治す

っていう原文みたい。どんなネガティブなことも自分で責任をもって処理するってことらしい。

2013年のネットニュースがヒットした。倍賞さんは大腸癌になって、残すこともできたけど転移のリスクがあったから迷わず人工肛門にしたそうな。私には絶対無理だと思った。人工肛門にするくらいなら死にたいって学生の頃から思ってたし、今も思ってる。でも、そうしたって生きたいって思うこと・やりたいことがあるっていうのがとってもかっこいい。

とにかく、強い女になりたい!って思ってたからかなり感動的な出会いだった。こうやってブログに書いてしまうくらい。(笑)

私の新しい座右の銘発表でした。








広告を非表示にする